野球肘

野球肘 11歳 男子 野球 福井県

嶺南からの来院

同じチームの子が当院でオスグッドを克服し、紹介され来院

整形外科に受診し野球肘と診断される

症状は

肘を伸ばすと痛い

手をついて体重をかけると痛い

ボールを投げると痛い

腕立て伏せをすると痛い

1回目と2回目は、通常の診療時間に来院

緊張が強かったため取り除いていく

施術後腕立て伏せや手をついた痛みは消失

練習の時に軽く投げてもらう

3回目は予約診療

全身の調整を行ってから患部を診ていく

残りの筋肉の癒着、緊張を取っていく

関節の動きの調整を行い、ボールを投げてもらう

徐々に速く投げていき、最後は全力で!

”大丈夫です!”

練習の時の球数を増やしていく

4回目は通常診療の時間に来院し話を聞くと痛みは出ていない

5回目は予約診療

施術前の触診でも筋肉の硬い所はほぼなし

練習試合があり1回だけ投げたが痛みはない

施術後、徐々に試合での登板回数を増やしていき練習でも球数を増やすよう話し、終了となった

エースということもあり、肘にかかる負担はどうしても大きくなります

この子は日頃からしっかりストレッチを行っていたため回復力が早く早期回復に繋がりました(*^_^*)

上記に述べたオスグッドになった子もこの子の話によるとホームランをバンバン打っているようで絶好調で良かったです(^o^)b

日々の鍛練を怠らず頑張ってほしいです!!!

応援していますV(^o^)V

練習前の柔軟を行うチームはたくさんありますが、練習後のストレッチ(ケア)を行っているチームは少ないのが現状です。練習後のケアが大切です。

チーム関係者、親御さんで悩まれている方がいらっしゃいましたらご相談も受け付けております。


東十郷接骨院
     福井県坂井市坂井町長畑11-14-1
     0776-66-3181
     中山智史

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です