野球肩、ボールが投げられない高校球児

17歳 男子 高校球児 センター・ショート

大会まで1ヶ月前。

2ヶ月前くらいから、投げるときに肩に痛みがでる。

レギュラーのため休めず、だましだまし練習・練習試合をこなす。

だんだんと投げられる距離が短くなり、とうとう10メートルも困難な状態で連絡がはいる。

触診をすると、肩から手首・手先にかけてがちがちに張っている。

背中もがちがち。

無理をして1ヶ月間練習をしていたため、からだ全身が固まっているようだ。

その日は練習試合ということもあり(この状態でも試合にでる予定でした)

試合前のアップ中に施術をおこなう。

時間がなかったため、痛みの最終確認ができないまま試合がはじまる。

ポジションはセンター。

試合中盤まで守備機会はない。

そして試合終盤。

2アウト2,3塁という場面で打球はセンターに。

猛然とダッシュをし、思い切りバックホーム。矢のような送球、いわゆるレーザービームとでもいいましょうか。

2塁ランナーを刺し、満面の笑みでベンチへ戻ってきてハイタッチ。

「肩が軽かったんで、投げてみたら投げれちゃいました笑」

「あざす!!(ありがとうございます略)」

大会まであとわずか。

切り込み隊長としてチームい勢いをつけてください。

なかむら自然形体院
住所:東京都板橋区蓮根3-2-14城戸ビル1A
問合せ先:03-5939-8675

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です