全国野球肩野球肘治療院 

野球肩野球肘を早期に改善する全国の治療院です。

野球肩野球肘は限られた施術法で早期回復可能なスポーツ障害です。
10年来の野球肩30代男性、施術3回で解消

10年来の野球肩30代男性、施術3回で解消

H27.3.9来院

<主訴>
10年ほど前から右肩がボールを投げると痛む。
痛みでろくにボールも投げられない。
投げ方を変えると痛みがない時もあるが、どちらの投げ方でも力を入れると痛む。

大学から軟式野球を始め4年の途中から少しずつ痛みが出てきた。
社会人になり、草野球をしているが練習するとまた痛くなるの繰り返し。

<状態>
まず座位で腕から肩の左右差をみる。
右側は腕~肩、背中、胸まわり全てかなりの強い張り。
特に上腕はすじ状に固まりができていて、胸まわりは強い筋繊維の癒着でべったり張りついている。

骨盤の歪みや、腰や足の張りは特に問題なさそうだ。

<施術>
身体のバランスをとった後、腹臥位で患部周辺の張りをとる。
次に仰臥位で右肩の筋の緊張を少しでもとりやすくするために、足から施術していく。
その後、仰臥位と横臥位で右腕、胸まわり、肩から肩甲骨周辺の施術。
そして、左半身の施術をし全身を整える。
最後に座位と立位で動作時に出る痛みの修正。

術後、タオルを使って力を入れて投げる動作をしてもらった。
今は痛くないが、実際ボールを投げてみないとよくわからないとのこと。

5月からシーズンが始まるので、それまでに良い状態にしたいとのことだったので、早期回復のための自己ケアのストレッチや普段の生活での注意点などアドバイスし本日の施術終了!

次回は4日後に予約を入れて帰られた。

<4日後の2回目の来院>
状態を聞くと・・・
この4日間投げてないので痛みはない(わからない)。
痛みなくベストな状態で野球がしたいので続けてお願いしますとの事。

<状態>
前腕や背中は、1回の施術で大分良い状態になったが
胸まわりや上腕の筋はまだ筋肉の張り・筋繊維の癒着は残っている。

<施術>
身体のバランスを整えた後、全身の疲労をとる。
次に前回とりきれなかった右肩周辺を入念にマザーキャットを使用しながら施術していく。
そして、最後に肩関節の修正し本日の施術終了!

<3週間後の3回目の来院>
状態を聞くと・・・
様子見ながら練習を再開した。
投げていくうちに違和感が出たが以前のような激痛はないとのこと。

<状態・施術>
前回よりだいぶ良いが上腕と胸まわりの筋に固まりが少しあったので、そこを中心に施術していく。
今回は関節のズレはなく、筋肉の問題だけのようだった。
最後にタオルを使って違和感がないか確認してもらう。
大丈夫とのことで本日の施術終了!

あとは、家でストレッチなど自己ケアをしてもらい
又違和感や痛みが出るようならご相談下さいと伝えた。

自然形体療法 整体院爽快
東京都豊島区要町3-26-3-3F
03-3955-7577
尾和真由美

« »

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>